海外留学もひとつの選択肢

大学を選ぶ時には、将来、自分は何をしたいのかがはっきりとしているほうが、選びやすいと思います。漠然と大学に通うには、時間とお金がもったいないからです。
日本は大学に入るまでが大変で、大学に入ってしまうと、勉強に没頭する人達は一部の人達で、後はアルバイトをしたりして、大学生活を楽しんでいるように見えます。

私は日本の大学に行ったことがありませんので、日本の大学がどのようになっているのかわかりません。
私はあえて、海外の大学に進学しました。英語が得意だということもありましたが、将来やってみたいことを勉強するには、海外の大学のほうがいいと思ったからです。

とはいえ、いきなり大学の講義を聞き取るほど英語力があったわけではありませんでしたので、最初は英語のクラスを取っていました。
そして、自分が行きたい大学の試験を受けました。
私は美術大学に行きたかったので、実技のテストが多数出題されて、それがもの凄く難しかったです。
よく、アメリカの大学は入りやすいと言われますが、それはその程度の大学なら入りやすいでしょうけれども、ちゃんとした名の通った大学には、そうそう簡単には入れないというのが実情です。
そして、卒業するのがいかに大変なことか、私は体験していますので、それがよくわかります。
大学生時代にアルバイトなどやっている暇はありません。
勉強について行くだけで精一杯で、遊んでいる時間などないのです。卒業して学位をもらわないと、職業につくことも出来ません。
アメリカは思った以上に学歴主義で、どんな大学のどんな学位を持っているかで、就職先が決まって来ます。

日本で大学を選ぶのも手ですが、いっそ海外の大学を目指すのも一つの選択肢だと思います。
海外に出ると、いかに日頃が井の中の蛙だったかがわかりますし、世界観も変わって来て、インターナショナルな仕事につける可能性が出てきます。
授業について行けるだけの英語力が身に付いていれば、鬼に金棒です。
英語が出来る、または、英語を身につけて将来は国際的な企業で働きたいなどの夢を持っている人には、留学をおすすめします。
日本の大学に行っても、4年間英語を学んだとしても、実際に英会話を習得できた人は少ないと思います。
まずは、アメリカ、またはイギリスの、英語圏の大学の英語のクラスに留学して、それから学部に入るように努力するのはいいことだと思います。
英語が出来ると、世界が広がります。それと同時に大学の選択肢も多くなります。将来、国際的な職業につきたいと考えている方には、留学はとてもいいことだと思います。

大学選びに悩んでいましたが、たくさん資料を集めたりインターネットで調べていると、どんどん大学生活が身近なものに感じるようになって、早く大学生になりたいと思い始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です